タレント

渡辺大知の出身高校・大学は?SMAPのファンだった学生時代のエピソード

2017年のドラマから3年ぶりに「タラレバ娘」がスペシャルドラマで帰ってきますね!

スペシャルドラマでは榮倉奈々さん演じるネイリスト(山川香)の旦那役で渡辺大知さんが出演されてます。

渡辺大知さんは数多くのドラマ・映画で活躍されている俳優さんですが、ロックバンドのボーカルや映画監督をするなどマルチな才能をお持ちです。

最近、渡辺大知さんを知った方に向けて出身高校・大学・学生時代のエピソードを紹介します。

渡辺大知の出身高校は?

渡辺大知さんは兵庫県の神戸市の六甲山のふもとの山奥で育ったそうです。

地元の小学校、中学校を卒業した後は兵庫県の神戸市北区にある「鈴蘭台高等学校」に2006年4月に進学されました。

男女共学の普通科で、偏差値は55~57です。

高校時代

ご自身の高校時代について「積極的に前を出て人を笑わせいた?」の質問にこんな風に答えていました。

いや、全然(笑)。高校生の頃はクラスのいろいろなタイプの人たちとまんべんなく仲が良く、接着剤のような立ち位置だった気がします。普段はそうでしたけど、たとえば文化祭の時とかにやたらと「大知くん何かやって」と言われてましたね(笑)。クラスで劇をやる時とかに提案したり。でも、自分がどうというより、とにかくみんなの気分が良くなれば、という気持ちの方が強かったです。

引用:テレビ朝日ポスト

中学時代にはギターと出会い音楽にのめり込み始め、中学3年生の時にテレビで流れた憂歌団(ゆうかだん)ライブ映像を見て電撃が走り「バンドを組みたい」と思うようになったそうで高校2年生の時に渡辺大知さん含め4人で「黒猫チェルシー」を結成しました。(上の写真は渡辺大知さんの憧れの憂歌団のボーカルの木村充揮さん)

(上の写真は黒猫チェルシー)

黒猫チェルシーは11年活動をして2018年9月30日に必ず戻りますとメッセージを残し惜しまれながら活動休止にすることを発表しました。

(代表曲の一つは「青のララバイ」で「NARUTO」の映画版エンディングテーマ曲になりました。)

2009年3月の高校3年生の時に、映画「色即ぜねれいしょん」で演技未経験ながらオーディションを受け2000人のなかから主役に選べれ同年8月公開の同作で俳優デビュー

このオーディションを受けるきっかけになったのが2008年に日本テレビの深夜の番組で高校生のバンドを紹介する「音燃え」の音楽番組に出演したことがきっかけだったようです。

この演技で高く評価され第33回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞したそうです。

普通の高校生の何倍も色々な事を経験して濃い高校生活ですね。

ここまでの事を高校生で経験出来るのは、渡辺大知さんの行動力と目標が高いんだろうと想像してしまいます。

渡辺大知の大学は?

渡辺大知さんの大学は東京都八王子市にある東京造形大学を2009年4月に入学されました。学部はデザイン学科映画専攻だったようです。

両親から反対された大学だったのでどうせなら1位で入ってやろうと1日15時間勉強をして見事、志望校に合格されました。

気になる偏差値は45です。

大学時代

バンド活動をされながらの大学生活だったようですが2011年10月の21歳の時にNHKの連続テレビ小説「カーネーション」に連続ドラマ初主演をしました。

朝ドラ史上最高傑作の一つと名高い85作品目です。

本作で渡辺大知さんが演じたのは松坂勇という役で重要な存在の役を演じました。

幅広い視聴者を持つ国民的ドラマへの出演で渡辺大知さんは一躍その名を全国に知られることになりました。

映画監督

2014年、渡辺大知さんが24歳の時に東京造形大学の卒業制作として監督した映画『モーターズ』が、若い新鋭監督の登竜門として長い伝統を誇る「ぴあフィルムフェスティバル・アワードにおいて審査員特別賞を受賞しました。

東京郊外の整備工場で働く一人の中年男性・田中を主人公に客とのさりげない交流やささやかな恋を描いた人間ドラマです。

渡辺大知さんは小学生の時に演劇部に所属していてその頃の夢は脚本家だったみたいです。

幼い頃からの夢と才能が見事形になったのが「モーターズ」でした。

渡辺大知さんは監督はもちろん脚本と編集も手掛けておりその才能を発揮しました。

渡辺大知の学生時代のエピソード

小学生時代に「シャーロック・ホームズ」の小説にのめり込み「日本シャーロック・ホームズクラブ」に入会して短編小説を書き始めるそうですが、小学生時代から好きなものは追及するタイプだったんですね!

黒猫チェルシーの楽曲の作詞も自信がされてますが、言葉の表現がとても自由で感性が豊かな印象の渡辺大知さんですが、このころから小説を書いているなんてすごい小学生ですね!

2001年の小学生の時にSMAPのファンクラブに入ったそうで自身もジャニーズ事務所に入りたいと言ったら親に怒られたそうです。

中学3年生までに出たアルバムは全部持っていてそうです。

今は叶わない夢ですが、2016年9月の投稿にはSMAPファンならではの夢が投稿されていました。

インタビューの中で「初めて自分のお金で買ったCD」を聞かれてこんな風に答えていました。

「SMAPが大好きで、ファンクラブにも入ってました。僕が好きになったときにはもう森くんはいなくて。でも中古屋さんで、6人組だった頃のアルバムを見つけたんです。僕が知っていたのは『ダイナマイト』や『青いイナズマ』といった官能的な曲だったのに、初めて買ったそのCDの曲は、少年っぽくてキラキラしていました」

引用:FRaU

渡辺大知さんはSMAPの中でも「中居正広」さんのファンだったようです。

中居正広さんの主演のドラマ日曜劇場「ATARU」に出演して中居正広さんと共演しました。

ファンで憧れの人と共演出来るってすごいですね!

渡辺大知のプロフィール

生年月日:1990年8月8日

身長:179㎝

血液型:O型

特技:オセロ

学生時代の部活:卓球(中学生時代に県大会で2位)

マイブーム:ピアノ

好きな食べ物:カレー・寿司・ハンバーグ

コンビニでよく買う物:無糖ヨーグルト

好きなユーチューブ:漫才

一息つくなら:ブラックコーヒ

渡辺大知さんが12の質問に答えている動画です。

まとめ

色々な作品にでていますが、同一人物?と思わせる程役柄によって色々な表情、表現で見る人を楽しませてくれる個性豊かな役者さんですね。

脇役でもしっかり存在間があって親しみやすい役が多いですね!

バンドでは俳優さんとは違った個性が出ていて、活動再開が待たれますね!

音楽・俳優・映画監督とマルチに活躍する渡辺大知さんを紹介しました。