タレント

奥山かずさの出演ドラマ映画まとめ!デビューのきっかけについても

モデルで女優の奥山かずささんは演技が上手く色々なドラマ・映画で活躍されていますね。

「プレイボーイ」では表紙を飾り演技とは違った一面がまた魅力ですね。

そんな奥山かずささんは可愛いだけではなく日本1美しい美ボディーと称されています。

女性から見ても顔もスタイルも羨ましいぐらいの奥山かずささんです。

気になる奥山かずささんの出演ドラマ・映画・デビューのきっかけについて調べてみました!

最後に奥山かずささんが絵を描いて漫画にした可愛い動画つけておきました。

奥山かずさ出演ドラマ・映画

初めての出演ドラマのきっかけは仙台で同居していた兄が特撮に造詣が深く、2018年から始まる「スーパー戦隊シリーズ」では二人三脚でオーディションを受けた事でした。

その結果「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」の主要キャストのパトレン3号の声役に内定して、東京に拠点を移し同作で女優デビューしました。

ドラマ・快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー(2018年2月~2019年2月)

映画・快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー(2018年8月4日公開)

ドラマ・ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ(2019年7月12日・13日)

ドラマ・SEDAI WARS

ドラマ・ケイジとケンジ所轄と地検の24時(2020年1月~3月)

ドラマ・キワドい2人(2020年9月~11月)

人気ドラマに続けて出演した事で知名度がアップしてSNSのフォロワーの数が一気にこの頃から増えました。

演技未経験だった奥山かずささんですが、戦隊シリーズで女優デビューを果たして子供の頃からの夢だった警察官になるなんてすごいです。

警察官の夢はお父さんが警察庁で働いていた元警察官のお父さんの姿を小さい時から見ていたからでしょうか。

奥山かずさのデビューのきっかけはスカウトだった

奥山かずささんは小学校から野球を始め地元の野球チームで活動をして中学、高校時代はソフトボール部に所属していました。

とても美人な奥山かずささんですが、運動神経もとても良いそうです!

小学生から男の子に混じって野球をしていたそうです。

その後三沢市第一中学校を卒業後八戸西高校を卒業しています。

大学は宮城県にある国立大学の宮城教育大学(初等教育教員学科)へ進学をして、宮城県仙台市に転居しました。この時兄と同居していたそうです。

大学時代にはチアリーディング部に所属していたそうです。

小さい時から活発ですね。

大学3年生の20歳の時に宮城県仙台市でスカウトされた事がきっかけとなってモデル活動を開始しました。

スカウトされた場所は仙台のショッピングセンターの前で友達を待ってた時にされたそうです!

大学時代に親に「この世界で成功すると思ってるの?」と問い詰められたこともあり、大学院カリキュラム過程で小学校の教員免許を取得しています。

以下奥山かずささんモデルプレスインタビュー

 スカウトされていなければ、足を踏み入れない世界だったと。

奥山:公務員になっていたと思います。東京には出たかったけど、自分の力だけでは出なかったと思いますし、大学の友だちが公務員などの採用試験を受けている姿をみて、自分もその波にのって漠然と何かになるんだろうなと思っていました。だから、モデル活動はアルバイトというか、大学生の時期ならではの活動だと思っていました。

美人さんだけではなく教員免許を持っているなんて意外ですね。勉強も熱心だったですね。

デビューのきっかけがスカウトなんてその時からオーラがひときわ輝いていたんですね!

奥山かずさの東京進出の決め手はミスコンだった

芸能活動は20歳(大学3年生)の時からで、半年で仙台コレクションの舞台を踏み一方で週刊ヤングジャンプ「ギャルコン2014」にもエントリーして、最終に8人の中の1人になり、準グランプリになりました。

上京して芸能活動するやり方がわからなっかたのでスポーツランドSUGO(宮城県村田町)所属のレースクイーンをしたり仙台経済圏でモデル活動をしていたそうです。

転機になったのが(下の写真)2016年に(当時22歳)オスカープロモーション主催の「第1回ミス・美しい20代コンテスト」で準グランプリを受賞したのを機に東京進出の足掛かりを得る事になりました。

以下奥山かずささんモデルプレスインタビュー

― 仙台でモデルをやっていたということは、もともと芸能の世界に憧れがあった?

奥山:全然なかったです(笑)。大学を出るまで青森に住んでいたんですが、そういうのに疎いというか、興味がなかったですし、周囲もオシャレに全然気を使わず外で遊んでいるような感じだったんで、全く自分とは無縁の世界だと思っていました。ですが、20歳の時に仙台でスカウトしていただいて、知らない世界に対する好奇心で始めました。

最後にチャンスを掴んだ奥山かずささんの想い

好奇心で始めたお仕事ですが、『ミス美しい20代コンテスト』では40018人の中で準グランプリでした。

奥山:コンテスト期間中は新幹線で通っていたのですが、キレイな人がこんなにいっぱいいるんだって驚きました。20代だと洗練された美しい人が多くて、私はビビってしまって自信がなかったんですけど、自分らしく全力を出せば悔いはない、自分が満足できるようにって考えて、とにかく後悔したくないという思いで頑張りました。

奥山さん自身が知らない世界に飛び込むことに親御さんは何と?奥山:賛成、反対というか、家族全員がこういう世界に疎いので(笑)。何をやっているか、私が何を言っているのか分からなかったと思います。仙台での活動をみせてもそんなに反応もなく、『ミス美しい20代』で準グランプリを取ったときも全然ポカンだったので(笑)。「これはなんとか大きい仕事を頂いて分からせないと」と決めていました。

奥山かずさは運動が大好き

子供の頃から野球、ソフトボールをしていていつか「始球式に呼んで下さい」と言っていた熱い想いが叶い2019年5月29日に地元青森のはるか夢球場で自身初の始球式に登板しました。

自慢の投球を投げ込んでファンを驚かせました。下の動画は6秒で見れます。

見事なフォームからストライク投球。83キロをマークしました。

野球姿もとても可愛くてナイスなピッチです!

SNSにはトレーニング前後の写真がアップされていて、沢山のいいねがついています。

女優さんとは違った姿も新鮮で素敵だなって思ってしまいます。美意識の高さが日本で1番と称される美ボデーの秘密なんですね!

奥山かずさのプロフィール

生年月日:1993年3月10日

出身:青森県三沢市

血液型:B型

身長:164㎝

スリーサイズ:B83 W59 H86

趣味:ジグソーパズル スポーツ観戦

特技:スポーツ 書道 絵を描く事

奥山かずさのまとめ

奥山かずささんは女優さんモデルさんだけだはなく、スポーツが得意で大好きでした。

教員免許を取得していたり魅力が沢山詰まっている女優さんですね。

グラビアでは健康的な体で魅了してドラマではまた違った一面を見せてくれる奥山かずささんの今後の姿が楽しみです!